フェイスリフト

加齢現象による容貌の変化

 加齢による老化現象の一つとして頬のたるみがあります。頬がたるんでくると、鼻から口角にかけて特徴的なしわ、いわゆる“ほうれい線”が現れます。頬がたるんでくると、口角が下がったように見え、年齢を感じさせる容貌になります。頬のたるみは体質や生活習慣による個人差もありますが、早い場合、30歳代後半から40代前半にかけて現れてきます。 頬のたるみが軽度であれば、これらのしわはヒアルロン酸などの注入物である程度改善することは可能です。しかし、頬のたるみがある程度の限界を超えると、いくらヒアルロン酸を注入してしわを消しても、ほほ全体のたるんだ容貌を隠すことは出来なくなります。 頬のあたりのたるみが起こる最大の原因は顔の構造によります。顔は骨、筋肉、そして脂肪含んだ結合組織といわれるもの、そしてその上を覆う皮膚から出来ています。顔を触ってみるとわかるように、額や鼻、頬骨の上は筋肉や脂肪を含んだ皮下組織が少ないため、皮膚の下にすぐ骨を触れることが出来ます。従って、顔のこの部分が極端にたるむことはありません。 では、骨が触れず、筋肉、皮下脂肪が多い場所はどこでしょうか?それは頬なのです。人間は老化とともに筋肉や結合組織中にある繊維が弾力性を失い、重力に負けてたるみが出現します。その際、一番たるみやすいのは筋肉、脂肪、結合組織などの軟部組織のみで構成される頬なのです。従って、そのまま放置すると最悪の場合、いわゆるブルドックのように、頬のあたりが伸びきった様相になってしまいます。一度たるんでしまった皮膚はプチ整形ではなかなか元に戻りません。

治療法について

しわやたるみなど顔の老化現象の治療には、以下のように様々多様です。

・すでに出来ているしわにはヒアルロン酸やアクアミドなどの注入物質が有効です。
・目尻眉間、額などの表情しわにはしわの筋肉の力を弱めるボトックスが非常に効果的です。
・顔全体の皮膚の活性化、若返りをはかるには美容クリーム、ビタミンC導入、ケミカルピーリング等の美容皮膚科的治療も有効です。
・最近では、サーマクールと言って、特殊な波長のエネルギー(ラジオ波)を皮膚に当てることで、フェイスリフト治療 に近い効果を期待出来る装置が開発されました。サーマクールはメスを使わないしわとり治療として、今後その効果がどの程度有効であるが 期待されます。
・ケーブルを用いたアプトスリフトと呼ばれる治療もあります。アプトスリフトは皮下組織にポリプロビレンという糸を埋め込むことで皮下組織の結合組織を活性化させ、たるみを改善させます。この方法は現在のたるみを引き上げというよりも、これ以上たるまないように予防することに大変効果的です。
・ケーブルの中でも金の糸はアプトスとは違った作用機序によって、頬のたるみ改善効果をもたらします。金の糸を皮下 に埋没させると、金の糸に対する生体反応で皮膚のたるみを予防するコラーゲンなどの物質が増加するのです。従って、金の糸埋没法によって皮膚の張りを出す美肌効果とともに、頬のたるみを改善する効果があるのです。
頬のたるみをさらに効果的に改善したいのであれば、フェイスリフト治療がお勧めです。フェイスリフト治療は年齢や 症状に応じて様々な治療法があります。

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ