ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

※電話受付時間:月~水・金・土 10:00~19:00

cosmetics surgery blog

美容外科ブログ

美しさの源はあなたの体の中にあります。
自分の美しさと個性に確信をもつために
傷跡を残さない低侵襲性美容外科手術を

韓国を訪れて-2

2010.05.17

P1000313学会に参加する本当の価値

日本ではこのような医師の集いがあっても、ややもすればお互いの腹の探り合いになりやすい。だが、韓国では先輩、後輩の主従関係が明確で、たとえ競合関係があろうともこういった集いではまるで休戦協定を結んだかのようにお互い仲良く交流を図っている。こういった人間関係の基盤がしっかりしているのは、韓国では医師といえども徴兵制という、国家のための忠誠心を誓い合う仲間意識があるからなのだろうか。

僕が午後11時過ぎに宴会場に到着するやいなや、祝杯が酌み交わされたが、その盛り上がり方は日本では出来ない貴重な経験となった。もちろん学会参加の目的は、美容医療の最新の知見を得えることだが、違う国の医師たちと友情を深めることが同様に大切だなのだ。知識や技術は教科書や手術手技ビデオ等から得られるが、人間は感情を持っているので、本当に大切なことは友情を基盤とした人間関係から得られることが少なくない。

翌日の学会に備え宴会は午前12時過ぎに終了した。翌朝8時半に起床し、学会場に向かうと、そこは多くの参加者で溢れていた。海外から招待されたのは米国から1人の医師と、日本から僕を含め2人だったので、我々以外の発表はすべて韓国語でなされた。お隣の国と言えども言葉の壁は厚く 学会で何が議論されているかは、スライドを見て想像する以外ない。

リー医師のクリニック

僕は自分の発表を無難にこなし、夕方6時に学会は盛況のうちに終了した。今回、僕が韓国を訪れたもう一つの目的は、韓国美容外科学会の将来を担うリー医師のクリニックを見学することであった。リー医師は韓国の南部光州市出身、40代後半の新進気鋭の美容外科医である。だが、光州でリー医師が学生だった頃、当時の朴大統領を暗殺した軍事政権と学生が対立し、暴動が勃発し、市民に多くの犠牲者が出た。

リー医師はその真っ直中で、韓国の悲劇の歴史を経験している。その後彼は心臓外科医として8年間の研鑽を積んだ後、美容外科医に転身した。現在はソウル、漢南の一等地で美容外科クリニックを開業して13年目のベテランである。親分肌のリー医師は情に深く、彼が韓国美容外科学会を統率していると言っても過言ではない。そんな影の実力者であるリー医師のクリニック見学は大変興味深かいものになった。

クリニック内の広さは50坪程度であったが、目を見張ったのは待合室の造りであった。なんとクリニック全体の4分の1程度のスペースを待合室としており、少なくとも10人以上がゆったりと時間を過ごせるようになっている。そこはまるで喫茶店のような空間で、しばしば訪れる患者さんたちは思い思いにお茶を飲んだり、友人たちと雑談をしていた。リー医師に直接その理由を尋ねた訳ではないが、それは患者さんをリラックスさせるための空間を惜しまない彼の演出なのだ。その結果、患者さんがリピーター化したり、紹介患者さんが増えたりと集客につながり、決してその空間が無駄に広いわけではないと察することが出来た。

クリニック診療時間

10:00~19:00(最終受付時間18:00)

休診日

日曜日・木曜日(※月曜日)
※月曜日が休診の時もございます。

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階
最寄駅からのアクセス

山手線 有楽町 中央口 徒歩10分

銀座線 京橋 1番出口 徒歩3分

有楽町線 銀座一丁目 11番出口 徒歩3分

都営浅草線 宝町 A3出口 徒歩2分