ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

※電話受付時間:月~水・金・土 10:00~19:00

cosmetics surgery blog

美容外科ブログ

美しさの源はあなたの体の中にあります。
自分の美しさと個性に確信をもつために
傷跡を残さない低侵襲性美容外科手術を

僕のアンチエイジング治療-2

2005.09.14

健康に対する意識が低い日本人
体を健康に保つには適度な運動、十分な睡眠、バランスの良い食生活であることは誰しもが耳にたこが出来るほど聞いたことがあるだろう。しかし、実際にそれが出来ないのが僕を含めて普通の人間の性質だ。特に日本人は自分の体に対してのコンセンサスが低いと言われる。西洋人たちは確かに日本人に比べると自己意識が高いと言える。歯並び一つを例にとってもそれを物語っている。西洋人たちは物心ついた頃から歯の矯正を始め、きれいな歯並びが人生の成功への条件であるかのように重視している。日本人は歯並びなどをそこまで重視する人は現在でも稀だ。体の健康に関しても先ほど述べた健康的な生活を心がけることに西洋人ほど気を使わない。会社で定期的に行われる健康診断を受けて、コレステロールや中性脂肪が高いと言われてもそのまま放置する人が少なくない。そして具合が悪くなってから病院にかかる人がほとんどだ。問題なのは人間の体は相当頑丈に出来ていて、かなり健康状態が悪くならない限り症状が出ないことだ。
例えば働き盛りのサラリーマンが、コンビニ弁当と清涼飲料水を飲み続けて気がついたらおしっこが妙に泡立ち、甘い匂いがし始めているのに放ったらかしていた。そのうち、妙に疲れやすくなりのどが乾きやすくなってきたが、仕事が忙しいからとそれでも働き続けた。ここまできても普通の人が自分が糖尿病になっていることに気がつかない。この状態を放置しておくと、ある時目がかすみ、いよいよ病院に行くと糖尿病であることを知らされ、ショックを受ける。ショックを受けるだけならましだが、糖尿病性網膜症といって、かすみ始めた目が見えなくなり、失明してしまうこともある。こうなってからではもうどうすることもできない。僕の場合もこのサラリーマンの場合と一緒で、外科研修医としての多忙な日々のうちに健康が損なわれ始めていた。
アンチエイジング治療へのきっかけ
僕が強烈な印象を受けたアンチエイジングの教科書には人間の寿命は120歳にデザインされていると書いてあった。老化を早める要因をすべてなくすことが出来れば本来ある120歳の寿命をまっとうできるはずなのだ。僕は早速この教科書に書いてある基本的な治療を始めた。まず始めたのは一日2リットルの水を飲むように心がけた。体の中には老廃物が溜まりやすい。この老廃物を体から出来るだけ排出するには水をいっぱい飲んで汗や尿から出すのがよいとのことだった。水をあまり飲まない人と一日2リットル以上飲む人では膀胱癌になる確率が7倍ほど違うらしい。このことからもたっぷりと水分を取って、代謝を良くすることが極めて体に良いことがわかる。
次に必要最低限のサプリを取ることを始めた。それを見ていた僕の親はあきれてこう言った。「どうしてそんな薬を取る必要があるのか?体に悪いから止めなさい」と。確かに戦前の人たちの考え方は薬は病気になってから飲む感覚がある。しかし、この僕の両親のような戦前の人たちの考え方は現代では通用しない。昔と違って、食物の栄養価が下がっているからだ。土壌が肥沃ではなくなって、促成栽培で外見は良くても中味の栄養は乏しいからだ。
このたった二つのアンチエイジング治療で、僕の体はかなり元気になった。たっぷりと水を取ること、マルチビタミン、抗酸化作用のある CoQ10のようなサプリを取ること。この二つから僕のアンチエイジング治療は始まり、あきらかに体が内面から改善された。これをきっかけに僕は俄然アンチエイジングに興味を持った。今、僕が自分のクリニックで行っているアンチエイジング医療の一番目の患者は自分自身となった。次はさらに進化しつつあるこの治療の実際を述べる。

クリニック診療時間

10:00~19:00(最終受付時間18:00)

休診日

日曜日・木曜日(※月曜日)
※月曜日が休診の時もございます。

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階
最寄駅からのアクセス

山手線 有楽町 中央口 徒歩10分

銀座線 京橋 1番出口 徒歩3分

有楽町線 銀座一丁目 11番出口 徒歩3分

都営浅草線 宝町 A3出口 徒歩2分