ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

※電話受付時間:月~水・金・土 10:00~19:00

cosmetics surgery blog

技術者ブログ

美しさの源はあなたの体の中にあります。
自分の美しさと個性に確信をもつために
傷跡を残さない低侵襲性美容外科手術を

当クリニックで行うたるみ最新治療-3

2011.07.01

治療の実際
治療は写真-4の如く、口腔内からレーザーにて進入し、頬筋(Buccinator m)と呼ばれる口で物を吸う筋肉間隙から頬脂肪(バッカルファット)を引き出す。レーザーメスを用いると、バッカルファットに到達するための軟部組織への進入時、微細血管の止血操作が同時になされるため、いわゆる”無血”治療が可能となる。
眼窩脂肪と同様、この頬脂肪(バッカルファット)は、いわゆる”皮下脂肪”と異なり、脂肪としてのカロリーや栄養素を備蓄する機能は有しない。仮説ではあるが、我々がほ乳類として母乳を長期にわたって摂取していた頃、吸い込むための頬筋とその外側にある食べ物を噛む咬筋(Masseter m)間の摩擦を緩和するために存在していたと言われる。だが、母乳は乳児期の短期間のみ摂取するように進化した我々にとって、この頬脂肪(バッカルファット)の存在価値はまったくない。
頬脂肪(バッカルファット)は写真-4の如く、滑膜性皮膜に包まれていて滑りやすいので、筋肉間内を上下に移動する。つまり前回までのブログで示した図-3,4のように、立位では下顔面に下垂している。この状態がいわゆる”頬のたるみ”として認識されるため、頬のたるみ治療はこの余剰脂肪の除去が先決となる。
写真-4

IMG_4777

治療後の腫れについて

実際に治療を受けた患者さんの経過についてその経過(写真-5)を列挙する。通常腫れは治療直後より治療後2~3日目に腫れのピークを迎えることが多い。その後次第にその腫れは解消され、写真-5の如く治療後7日目程度からほぼ正常レベルまで戻ることがわかる。

写真-5

治療直後

手術当日

治療翌日

2日目治療2日後

3日目

治療3日後

4日目

治療4日後

4日目

治療5日後

5日目

治療6日後

6日目

治療7日後

7日目

同患者さんの治療前後の写真を比較すると、写真-6の如く下顔面のリフトアップ、小顔効果が認められた。

写真-6

治療前

IMG_3604

治療後

IMG_7371_2

銀座CUVOクリニック頬のたるみ治療についてはこちら

クリニック診療時間

10:00~19:00(最終受付時間18:00)

休診日

日曜日・木曜日(※月曜日)
※月曜日が休診の時もございます。

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階
最寄駅からのアクセス

山手線 有楽町 中央口 徒歩10分

銀座線 京橋 1番出口 徒歩3分

有楽町線 銀座一丁目 11番出口 徒歩3分

都営浅草線 宝町 A3出口 徒歩2分