ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

※電話受付時間:月~水・金・土 10:00~19:00

cosmetics surgery blog

技術者ブログ

美しさの源はあなたの体の中にあります。
自分の美しさと個性に確信をもつために
傷跡を残さない低侵襲性美容外科手術を

目の下のクマ(くま)・クマ、たるみ治療後の腫れについて

2010.11.14

目の下のクマ(くま)・クマ、たるみ解消のための下眼瞼形成術を受ける方々にとって、治療後の腫れがどの程度なのかは大変気になるポイントです。
その理由は多忙な現代人は、出来れば治療後社会復帰するまでの期間、いわゆる”ダウンタイム”がほとんどなく、すぐに社会復帰出来る治療を望んでいるからです。
では実際に最近の症例の中から治療後どの程度腫れが発生するのか具体的に検証します。
症例:50歳女性
IMG_7553IMG_7560
IMG_7581IMG_7584IMG_7607IMG_7610
写真は上段(治療前正面とその拡大)、中段(治療直後正面とその拡大)、下段(治療翌日正面とその拡大)です。
治療前写真を観察すると加齢に伴う目の下のたるみが原因となり、目の下のクマ(くま)・クマが目立つ症例です。
2010年10月下旬結膜面からアプローチする下眼瞼形成術を行いました。
治療直後の写真を観察すると局所麻酔とその中に含まれた血管収縮剤(エピネフリン)の影響で目元が白くなっていますが、腫れはほとんどありません。
治療翌日の写真を観察すると、目の下が昨日よりやや浮腫状に腫れています。しかし、腫れは本人にとっても了解可能範囲内であり、軽くメイクアップをすると翌日からでも仕事に行ける程度でした。

銀座CUVOクリニック人気の治療
目の下のくま治療
目の下のたるみ治療

クリニック診療時間

10:00~19:00(最終受付時間18:00)

休診日

日曜日・木曜日(※月曜日)
※月曜日が休診の時もございます。

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階
最寄駅からのアクセス

山手線 有楽町 中央口 徒歩10分

銀座線 京橋 1番出口 徒歩3分

有楽町線 銀座一丁目 11番出口 徒歩3分

都営浅草線 宝町 A3出口 徒歩2分