ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

※電話受付時間:月~水・金・土 10:00~19:00

cosmetics surgery blog

技術者ブログ

美しさの源はあなたの体の中にあります。
自分の美しさと個性に確信をもつために
傷跡を残さない低侵襲性美容外科手術を

目の下のクマ(くま)、たるみ治療後の目の形について

2009.06.18

Q;ある掲示板で、”目の下のクマ(くま)、たるみ治療(下眼瞼形成術)後に目の形が変化した”とのコメントがありましたが、それは本当でしょうか?
A;過去5年間、5000例以上の結果分析をしたところ、大きな目の形の変化はありませんでした。
治療を受けたお客様が、私に目の形の変化を直接訴えてきたことはありませんので、掲示板に書かれていることにあまり信憑性があるとは思われません。
逆に、目の形が良い方に(可愛いらしく、もしくは美しく)改善されることが期待されます。
日本人の目には次の2つの傾向があります。
1)下眼瞼に過剰脂肪が存在すると、やや”出目”傾向になることが多い。
2)日本人の目の形は”つり目”傾向の場合が多い。
目の下のクマ(くま)、たるみ治療(下眼瞼形成術)を行いますと、上記2点が改善されます。
その理由は下記の如くです。
1)の理由は、下眼瞼に存在する過剰脂肪を除去することで眼窩内に余裕が出るため、”出目”傾向が改善されるのです。
2)の理由は、目の下のクマ(くま)、たるみ治療では、”つり目”傾向の強い方には”下眼瞼下制術”と呼ばれる、下眼瞼外側を開大させる操作を行っているからです。
では実際の症例を観察すると
1)”出目”傾向について
(治療前)やや”出目”傾向である。
IMG_6490
(治療後)”出目”傾向が改善された。
IMG_7993
2)”つり目”傾向について
(治療前)やや”つり目”傾向である。
imageDrag2E475E26-2EF3-47F3-B4B8-3CC3ECF1F7ED
(治療後)”つり目”が改善された。
imageDrag417BEB22-D7BA-49DB-A99B-CD36AE281EE7_2

銀座CUVOクリニックの人気治療
目の下のたるみ治療
目の下のくま治療

クリニック診療時間

10:00~19:00(最終受付時間18:00)

休診日

日曜日・木曜日(※月曜日)
※月曜日が休診の時もございます。

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階
最寄駅からのアクセス

山手線 有楽町 中央口 徒歩10分

銀座線 京橋 1番出口 徒歩3分

有楽町線 銀座一丁目 11番出口 徒歩3分

都営浅草線 宝町 A3出口 徒歩2分