ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

※電話受付時間:月~水・金・土 10:00~19:00

TREATMENT MENU

目の下のたるみ

  • なんの悩みか箇条書き
  • キーワードなど
  • シワ・小顔etc…
初回価格(費用の目安など)

XXXXXXXXXX / XXX,XXX円(税込)~

2009 / 02 / 03

005 目の下のたるみ 症例-5

(1)治療前正面

(1)治療前正面

(2)治療前正面拡大

(2)治療前正面拡大

(3)治療翌日正面

(3)治療翌日正面

(4)治療翌日正面拡大

(4)治療翌日正面拡大

(5)治療2ヶ月後正面

(5)治療2ヶ月後正面

(6)治療2ヶ月後正面拡大

(6)治療2ヶ月後正面拡大

44歳 女性
/治療年月日:2009年02月03日

経過
目の下のクマ(くま)、たるみ治療目的で来院されました。
診察
目の下の脂肪量:中等度(右<左)
目の下の色素沈着:軽度
過去の治療経験:なし
治療方針
治療前の写真-1,2のごとく、目の下のクマ(くま)、たるみ症状を認めます。
患者様は、いわゆる“目の下のハの字”を出来るだけ安全な方法で解消することを希望されました。そこで、目の裏から行う目の下のクマ(くま)、たるみ改善治療を行いました。
治療後の評価
治療翌日の写真-3,4を見ると、治療後の腫れは最小限で、通常の生活に支障を来さない程度でした。
治療2ヶ月後の写真-5,6を観察すると、治療前に存在した目の下のクマ(くま)、たるみや、いわゆる“目の下のハの字”は解消されました。
さらに、治療前後の写真を比較すると、治療前に認められた眼瞼下垂が改善され、目の開きが良くなりました。
軽度の眼瞼下垂は加齢現象として、多くの中高年以降の方に次第に現れます。これまで眼瞼下垂は、上瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱わることが原因とされました。したがって、従来までの眼瞼下垂の治療は、眼瞼挙筋を短縮する方法が用いられました。
しかし、今回の症例の如く、目の下のクマ(くま)、たるみ治療を行うことのみでも、眼瞼下垂がある程度改善されることが証明されました。したがって、眼瞼下垂は、眼瞼挙筋の力が弱ることだけではなく、目の下の構造上の問題(不必要な脂肪や、その支持組織等の存在)にも原因があると考えられます。
クリニック診療時間

10:00~19:00(最終受付時間18:00)

休診日

日曜日・木曜日(※月曜日)
※月曜日が休診の時もございます。

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階
最寄駅からのアクセス

山手線 有楽町 中央口 徒歩10分

銀座線 京橋 1番出口 徒歩3分

有楽町線 銀座一丁目 11番出口 徒歩3分

都営浅草線 宝町 A3出口 徒歩2分