ご予約・お問い合わせ【完全予約制】

※電話受付時間:月~水・金・土 10:00~19:00

cosmetics surgery blog

関連コラム

美しさの源はあなたの体の中にあります。
自分の美しさと個性に確信をもつために
傷跡を残さない低侵襲性美容外科手術を

当クリニックで行う目の下のクマ(くま)、たるみ治療(経結膜的下眼瞼形成術)の特徴-5

2011.03.22

経結膜的アプローチによるいわゆる"脱脂法"と当クリニックの"下眼瞼形成術"の相違点

 

本邦でこれまで行われていた経結膜アプローチによる目の下のクマ(くま)、たるみ治療(下眼瞼形成術)は、下眼瞼眼窩脂肪を脱出させるいわゆる"脱脂法"が主流であった。この方法の優れた点は表-3の如く手技が比較的簡単であることと、皮膚手術痕を残さないことである。

 

この方法が優れたアプローチであるにもかかわらず、広がりをみせなかったのは表-2で述べたように、脱脂法の際に用いる後隔壁アプローチでは、眼窩余剰眼窩脂肪を脱出させのみなので、年齢層が若く脂肪量が多い症例のみに治療適応が限られていたからである。

 

当クリニックで行う目の下のクマ(くま)、たるみ治療は、いわゆる"脱脂法"とは異なり、前隔壁アプローチを用いて図-4の如く、皮膚自体の挙上を阻害するLockwood's ligamentやWang Wei ligamentの処置を行い、皮膚を皮下組織から解離する。

 

図-4

 

図-4

 

この操作を行うことで、元々収縮能力を有する皮膚が自由になり、眼窩下部の皮膚が瞼板両側に靱帯で強靱に結合された眼窩上部に向かって挙上することになる。したがって表-3の如く、若年層の目の下のたるみのみならず、下眼瞼構造上不具合による皮膚の下垂が原因で目の下の色素や影が目立つ、いわゆる"目の下のクマ(くま)"や、"脱脂法"のみでは不可能であった皮膚自体のたるみの挙上が必要な中高年層までその治療が適応が広がった。

 

だがLockwood's ligamentやWang Wei ligamentの解離操作は個々の症例でその程度が異なるため、良好な結果を得るには多くの症例を経験し、いわゆる"勘所"を得る必要がある。このことは経結膜的下眼瞼形成術により目の下のクマ(くま)、たるみに悩む方々の幅広い症状に対して常に良好な結果を得るのは容易ではないことを意味する。したがってこの技術を習得するには多くの症例経験と、個々の治療成績の分析といったこの治療へのあくなき熱意がことのほか重要である。

 

表-3

 

方法

メリット

デメリット

いわゆる"脱脂法"

後隔壁アプローチによる眼窩脂肪脱出

手技が容易

若年層、脂肪量が多い場合のみ

 

当クリニックで行う系結膜的下眼瞼形成術

前隔壁アプローチによる眼窩脂肪先端部位からの最小限除去

 

皮下における皮膚支持組織解離による皮膚挙上操作

 

目の下のクマ(くま)、たるみ両方に対応可能

 

皮膚自体の挙上により幅広い年齢層への適応あり

手技取得が困難

目の下のたるみ治療について

目の下のくま治療について

 

 

クリニック診療時間

10:00~19:00(最終受付時間18:00)

休診日

日曜日・木曜日(※月曜日)
※月曜日が休診の時もございます。

所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階
最寄駅からのアクセス

山手線 有楽町 中央口 徒歩10分

銀座線 京橋 1番出口 徒歩3分

有楽町線 銀座一丁目 11番出口 徒歩3分

都営浅草線 宝町 A3出口 徒歩2分