CUVOオリジナル頬たるみ治療

001 頬たるみ治療(バッカルファット除去)

40歳 女性 治療年月日 2014年4月23日

  • 治療前正面治療前正面
  • 除去された頬脂肪(バッカルファット)除去された頬脂肪(バッカルファット)
  • 治療翌日正面治療翌日正面
  • 治療7日後正面治療7日後正面
  • 比較のため治療前正面の再掲載比較のため治療前正面の再掲載
  • 治療1ヶ月半後正面治療1ヶ月半後正面
■経過
2014年2月、目の下のクマ(たるみ)治療を求めて来院したお客様です。目の下のクマ治療はすでに終了し、満足のゆく結果が得られました。その結果はコチラの症例003をご確認ください。
今回はさらなる顔のアンチエイジング治療として、頬たるみに関する相談を受けました。本人曰く、年々口角の下がりやほうれい線が目立ち始めたことを気にかけており、症状が悪化する前に治療を希望しています。
■診察
年齢が40歳と頬たるみ症例としては若く、治療前写真-1に示されるように頬たるみはさほど気になりません。口角の下がりもさほど気になりませんが、若干ほうれい線が出現しています。
■治療方針
本人はフェイスリフトを代表とする表皮切開を伴う本格的リフトアップ治療までは本人が望んでおりません。しかし口角の下がりやほうれい線などがこれ以上悪化しない予防的治療があれば治療を受けたいと申し出ております。しかし同時に糸を用いて頬たるみを引き上げるスレッドリフトなど、あくまで一時的な効果のみの治療も回避したいとのことです。そこで本症例は口腔内から進入し、口角下垂やほうれい線悪化の直接原因である頬脂肪(バッカルファット)除去治療を行うことにしました。
■治療料金
40万円(プラス消費税)
■治療後の評価
写真-2の除去された頬脂肪(バッカルファット)量を観察すると、やや右<左でした。治療前写真-1を観察すると、頬の張りがやや右<左だったので、症状と矛盾しない結果です。治療翌日写真-3を見ると、両頬が主張・拡張しています。抜糸に訪れた治療7日後の写真-4を見ると、治療翌日に認められた腫れはほぼ消失しています。本人に腫れの経過を尋ねると、両頬の腫れは治療翌日~2日目にピークを迎え、治療4~5日後に収束に向かったとおっしゃっており、抜糸時の写真を観察すると、それに矛盾しない結果と言えます。

治療1ヶ月半後の写真-6を観察すると、治療前に認められた口角下垂が改善しています。また頬の両外側への張り出しが効果的に解消され、治療前と比較してより洗練された小顔が得られました。ほうれい線は残存していますが、次第に解消方向に向かうはずなのでしばらく経過観察すべきでしょう。

このようにバッカルファット治療では上述の如く下顔面の効果的なアンチエイジング効果が得られます。
従来まで頬のたるみ改善には皮膚切開を用いたフェイスリフト手術以外ありませんでした。しかし本症例のように若年層で皮膚たるみが顕著でない場合、フェイスリフト手術はふさわしくありません。こういったフェイスリフト手術適応の乏しい軽症例では、糸を用いて頬牽引するスレッドリフトもありますが、その効果は限定的で再発することが多いので、必ずしも満足度は高いとは言えません。

本症例で行った頬脂肪(バッカルファット)除去治療は、下顔面深部に存在し、加齢とともに下垂・膨張する脂肪塊を適切に除去するので、下眼面容量(ボリューム)が減少し小顔が得られます。またこの治療では下顔面容量(ボリューム)および重量(負荷)が軽減されるため、皮膚は収縮し、まるでフェイスリフト手術を行ったような治療結果が得られることも少なくありません。また1度除去した頬脂肪(バッカルファット)が再び出現することはないので、その治療効果は恒久的です。

この治療に伴う不安は”頬がこける”心配ですが、本症例を見ると分かるようにこの治療に熟練した医師が適切に行うと、決してそのような問題は生じません。それは最小限の侵襲で頬粘膜面から進入し、すでに下垂した頬下部の余剰脂肪を適切に最小限除去するのみで、いわゆる”頬こけ”の特徴である頬骨直下〜唇領域には一切侵襲しないからです。

しかしこの治療に未熟な医師が、この治療に不可欠な上述の如くのオリエンテーション(位置関係の同定)もせずにむやみやたらに治療を行い、頬浅(筋肉)層に損傷を与えたりすると、思わぬ”頬こけ”を発症する危険を伴います。したがってこの治療は、その手法に精通し揺るぎない自信を有している熟練医師のみが行うべきでしょう。

001頬のたるみ治療(バッカルファット除去)-症例1

29歳 女性 2012年6月29日 

  • 治療前正面治療前正面
  • 治療直後正面治療直後正面
  • 治療後右斜め45°治療後右斜め45°
  • 治療直後右斜め45°治療直後右斜め45°
  • 治療前左斜め45°治療前左斜め45°
  • 治療直後左斜め45°治療直後左斜め45°
  • 治療1ヶ月後正面治療1ヶ月後正面
  • 治療1ヶ月後右斜め45度治療1ヶ月後右斜め45度
  • 治療1ヶ月後左斜め45度治療1ヶ月後左斜め45度
■経過
2006年10月頃、目の下のクマ(くま)治療に訪れた患者さんです。治療後、目の下のクマ(くま)症状は改善し満足していたようです。
20012年6月2日、その当時から存在していた頬の膨らみ(たるみ)が最近特に気になり、解決策を求めて来院しました。
■診察
正面、左右斜め45°から撮影した治療前写真の如く、両頬の膨らみとこの膨らみが原因で、軽度の頬下垂(たるみ)を認めます。その膨らみは写真に示された黄色矢印の如く右>左です。
また頬のたるみにより、軽度のほうれい線の発生を認め、その程度は写真に示された黄色矢印の如く右>左です。
■治療方針
年齢が29歳と若く、頬のたるみ症状は軽度ですが、その原因は比較的多量の頬脂肪(バッカルファット)と診断しました。
治療は口腔内からアプローチする頬脂肪(バッカルファット)除去法が適切と判断し、治療を行いました。
■治療料金
420,000円(消費税込み)
■治療後の評価
治療直後の写真を観察すると、口腔内から注入した局所麻酔剤(片側10ml程度)の影響で軽度腫脹が認められますが、すでに頬のたるみ症状やほうれい線の改善を認めます。また写真をよく観察すると、局所麻酔剤に含まれた血管収縮剤の影響で皮膚が白色化している部分もありますが、この現象は治療後数時間で元に戻ります。

治療1ヶ月後の写真を観察すると、頬のたるみ、ほうれい線ともに治療前と比較して大幅に改善しています。

従来まで頬のたるみ解消は、耳横で皮膚を切開し、その皮膚を引っ張り上げる、いわゆる”フェイスリフト治療”しかありませんでした。しかし目の下のクマ(くま)、たるみも皮膚がたるんでいるのでは、原因が下眼窩過剰脂肪が本当の原因です。それと同様に、頬のたるみも皮膚自体のたるみよりも、皮下にある頬脂肪(バッカルファット)の下垂が原因である場合がほとんどです。

本症例の如く若年層に発症する頬のたるみは、フェイスリフトよりも頬脂肪(バッカルファット)除去治療を優先的に行うべきです。また若年時に頬脂肪(バッカルファット)除去を行っておくと、中高年世代になった際に顕著になりやすい頬のたるみの予防となります。

また頬脂肪(バッカルファット)除去後に頬の窪みや凹みを危惧される方がいらっしゃいますが、本症例の如く適切な治療を行うと、そういったことは起こりません。その理由は、除去する頬脂肪(バッカルファット)は口角に下垂し、膨らんだ部位であって、その上部の平坦部から摘出するわけではないからです。

002 頬のたるみ治療(バッカルファット除去)ー症例2

53歳 女性 2009年11月9日

  • 治療前正面写真 治療前正面写真 
  • 治療6ヶ月後正面写真 治療6ヶ月後正面写真 
  • 除去脂肪(バッカルファット)除去脂肪(バッカルファット)
■経過
2007年頃より、顔のアンチエイジング治療を求めて、当クリニックに週一度ほど継続的に通っている患者さんです。
普段はピーリング、フォトフェイシャル、イオン導入等のスキンケア治療を行っています。
こういったスキンケア治療を行っても残存したしみは、Qスイッチ・レーザー(YAG532nm)にて解消しました。
また3〜4ヶ月に一度程度、定期的に額、目尻等のボトックス、ほうれい線等へのヒアルロン酸注入を行っています。
手術治療は2007〜2008年にかけて、目の上のたるみ、目の下のクマ(くま)たるみに対する上・下眼瞼形成術を行っており、すでに良好な結果が得られました。
この患者さんは身長162cm、体重39キロと非常に痩せていますが、頬の膨らみ、たるみはどれほどエステ治療やマッサージを行っても解消されなかったとのことです。
今回はこの頬の膨らみ、たるみに関する相談を受けました。
■診察
治療前正面写真を観察すると、右>左の頬の膨らみ、たるみを認めます。
また、ほうれい線、口角から下に伸びるしわ(マリオネット・ライン)両口角の軽度下垂症状を認めます。
■治療方針
これらの症状は皮膚自体のたるみよりも皮下に存在する頬脂肪(バッカルファット)の下垂が原因です。
本人はフェイスリフト治療にも興味を示しましたが、その前にこれらの症状の根本的原因である頬脂肪(バッカルファット)除去治療を口腔内アプローチにて行うことにしました。
■治療料金
420,000円(消費税込み)
■治療後の評価
摘出された頬脂肪(バッカルファット)量は写真に示された如く、右>左と治療前症状と一致しました。
治療6ヶ月後の正面写真を観察すると、治療前に存在した頬の膨らみ、たるみが効果的に改善しています。
また、ほうれい線、口角から下に伸びるしわ(マリオネット・ライン)、両口角の軽度下垂症状もおおむね解消されました。
この患者さんは、頬脂肪(バッカルファット)除去治療を行った後、それまで気になっていた頬のたるみ、ほうれい線等が解消されたため、
この治療前に希望していたフェイスリフト手術は行わないことにしました。
頬のたるみ、ほうれい線、口角から下に伸びるしわ(マリオネット・ライン)、口角下垂は、加齢に伴う外見的老化兆候です。
従来までこういった症状の改善は、皮膚切開を伴うフェイスリフト手術のみでした。
しかし、今回の治療例からわかるように、その主な原因は皮膚自体のたるみではなく、皮下にある頬脂肪(バッカルファット)です。
したがってその治療は、頬脂肪(バッカルファット)除去を第一選択とすべきです。
その後、治療効果が安定する治療6ヶ月以降に診察し、さらなる改善を求める場合にのみ、フェイスリフト手術を検討してみるべきです。
尚、頬脂肪(バッカルファット)除去治療を行うと、頬のたるみやほうれい線等が改善するのみでなく、下顔面容量(ボリューム)が減少するので、いわゆる”小顔”への改善も得られます。

002 頬たるみ治療ー症例1

50歳 女性 治療年月日 2016年11月20日

  • 治療前治療前
  • 左下顔面頬脂肪(バッカルファット)軽減・調整術治療中左下顔面頬脂肪(バッカルファット)軽減・調整術治療中
  • 治療直後治療直後
  • 治療2日後治療2日後
  • 治療11日後治療11日後
  • 治療1ヶ月後治療1ヶ月後
■経過
以前から下顔面の張り・膨らみが気になり他院カウンセリングに行ったところ、下顎(エラ)骨の張り出しが原因と指摘され、約2年ほど前に下顎(エラ)骨切り手術を行ったそうです。その後下顔面両側の凹み症状が現れ、特に右側ではしわも気になるそうです。これらの症状を解決できる糸口を模索して、当クリニック来院しました。
■診察
治療前写真-1を観察すると両下顎骨切り部分に凹みがあり、特に右側で症状が強くしわも出現してます。
■治療方針
本人は当クリニックホームページを観た結果、頬脂肪(バッカルファット)を調整すれば上記症状を緩和出来るのではと、頬脂肪(バッカルファット)軽減術に関心を抱いたとのことです。
本症状をより詳しく分析すると、下顎骨・骨切り術によって下顎骨上部に覆い重なったバッカルファットが相対的に目立ち、凹み・しわが誇張されている状態と判断しました。
そこでこの下顎骨・骨切部位に沿うように頬脂肪(バッカルファット)を軽減・調整することで症状の改善を図ることにしました。
■治療料金
頬脂肪(バッカルファット)軽減・調整術       432,000円(消費税込み)
■治療後の評価
左下顔面治療中写真-2では下顎骨上部の黄色みを帯びた頬脂肪(バッカルファット)が排出されています。右下顔面でも同様の頬脂肪(バッカルファット)が排出されました。
治療直後の写真-3を見ると、治療が支障なく終了したことがわかります。
治療2日後の写真-4を見ると、腫れもほとんどありません。
抜糸時に来院した治療11日後の写真-5ではすでに治療前の凹みが改善し始めています。
治療1ヶ月後の写真-6では凹み症状はほぼ改善していますが、治療前に顕著だった右頬のしわは依然存在しています。このしわは、2年前に行った下顎骨・骨切り術で、皮膚にアンバランスが原因で生じたものです。今回頬脂肪(バッカルファット)軽減・調整にて皮膚アンバランスを解決したので、しわも次第に改善すると思われますが、もし治療後数ヶ月経過しても残存していれば、一度ヒアルロン酸注入などで症状緩和を図るべきかもしれません。
さてここで下顔面のたるみ・膨らみ症状を引き起こす原因を改めて分析すると、下記4つの原因が考えられます。

1.皮膚自体の緩み
2.肥満による皮下脂肪蓄積
3.咬筋(いわゆるエラを形成する筋肉)の過剰発達
4.下顔面深部に存在する頬脂肪(バッカルファット)膨隆・下垂
5.生来からの下顎骨の張り出し

本症例は他院で上記5を解決すべく、下顎骨・骨切り術を受けましたが、この治療の第1選択は必ずしも適切でなかったと判断されます。何故なら下顎骨・骨切り術を行った結果、治療前に存在しなかった頬の凹みやしわが出現したからです。
本症例では下顎骨・骨切り術前に、上記1~4の範疇で改善すべき方法をまずは模索すべきでした。
この患者さんを診察すると上記1症状はなく、体型も痩せ型で上記2に対する治療、すなわち下顔面の脂肪吸引の適応も高くありませんでした。また上記3は咬筋の過剰発達が原因で下顔面のたるみ・膨らみが目立つ場合で、その際はボトックス注射にて症状改善を図りますが、本症例ではその治療適応も高くありませんでした。
しかし治療前写真-1の如く、下顎骨・骨切り上部に覆い被さった頬脂肪(バッカルファット)の存在が明らかであり、下顎骨・骨切り術を行う前に、上記4の頬脂肪(バッカルファット)軽減・調整を優先的に行い、下顔面のたるみ・膨らみ症状解消を図るべきだったのです。
美容外科治療で一般的に言えることですが、治療選択の判断は出来れば治療(手技)深度が軽い方を優先的にすべきで、それらの治療の適応が乏しい場合に限って、より治療深度が高いものを段階的に選択すべきなのです。
本症例では上記1〜3の治療適応が低かったので、次に選択すべきは上記5の下顎骨・骨切り術ではなく、上記4の頬脂肪(バッカルファット)軽減・調整術だったのです。
しかし、患者さんがどの美容外科治療を選択すべきかの判断を迫られたとき、治療内容に不慣れな患者さんがその判断することはほぼ不可能で、診察した医師の勧めをそのまま受け入れるのが一般的でしょう。しかし医師の勧める治療内容に万が一疑問や不安を感じた場合は、言われるままの治療を受け入れるのではなく、他院でのセカンド・オピニオンを参考にするなりして、今一度冷静な判断をすべきでしょう。

003頬のたるみ治療(バッカルファット除去)-症例3

54歳 女性 治療年月日2013年1月29日

  • 治療前正面治療前正面
  • 治療2ヶ月後正面治療2ヶ月後正面
  • 治療前右斜め45°治療前右斜め45°
  • 治療一週間後右斜め45°治療一週間後右斜め45°
  • 治療前左斜め45°治療前左斜め45°
  • 治療一週間後左斜め45°治療一週間後左斜め45°
  • 治療前横治療前横
  • 治療一週間後横治療一週間後横
■経過
40代中半に差し掛かってから、目・頬周囲のたるみが気になり始めたそうです。エステや美容器機を用いたものの、いっこうに改善が認められず、次第に悩みが強くなったとのことです。
ある日、夕方のニュース番組を見ていると、銀座キューヴォ・クリニックでの治療が報道されていて、当クリニックの存在を知りました。
美容外科的に症状の改善方法がないのか知りたくて、来院されました。
■診察
写真-1を観察すると明らかなように、目の下のクマ(くま)、たるみと頬のたるみを認めます。今回は頬のたるみ治療を希望されているので、頬のたるみを診察すると、バッカルファット下垂による典型的な頬のたるみが出現しています。
■治療方針
ほうれい線や口角のしわもバッカルファット下垂が原因です。
頬のたるみ、ほうれい線、口角のしわ改善を目的に口腔内から行うほほたるみ(バッカルファット除去)治療を行いました。
■治療料金
420,000円(諸費税込み)
■治療後の評価
治療2ヶ月後の写真-2を観察すると、顔下半分のフェイスラインがきれいになったことがわかります。
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ