CUVOオリジナル頬たるみ治療

小顔治療にはいくつかの方法があります。その方法を下に列記します。

えら骨やほほ骨など輪郭を形成する骨を削る方法 骨削り治療は治療の適応を選ぶ必要があり、全身麻酔を必要とする大がかりな治療になります。
骨の上にある筋肉量を減らす方法 筋肉量を減らすにはボトックス注射を、咬筋と呼ばれるえら骨の上にある筋肉に打つと、顔下半分の輪郭がほっそりとします。
皮下脂肪を減らす方法 顔下半分の筋肉上には皮下脂肪が存在します。皮下脂肪が厚い方には脂肪吸引が有効です。耳の横に5ミリほどの小さな切開を加え、そこから吸引管を挿入して適切に脂肪を除去すると、さらに小顔となります。
頬深部のバッカルファット(頬脂肪)を除去する方法 いわゆる“下ふくれ顔”を効果的に改善することも可能です。

頬脂肪(バッカルファット)除去について

イラストを用いてバッカルファット除去治療を簡単にご説明いたします。

バッカルファットが存在すると、図-1のように頬がやや下ぶくれ傾向となります。バッカルファットが存在すると、中高年以降を境に頬のたるみの一因となります。

症例写真はこちら

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ