目頭切開

美しい顔にはその美しさ基本になるプローポーション(黄金律)が存在します。例えば目元では、右図の如く左右の目幅と目と目の内側(目頭)距離がちょうど3等分だと美しいバランスとされます。

しかし目幅や目頭距離は人によってさまざまです。我々日本人の目頭距離を計測するとその平均は34~35㎜程度とされています。
そして目頭距離が37㎜以上になると、目と目がやや離れた印象となります。こういった症例の場合ですと、両側の目頭を1.5㎜ずつ切開すると理論的に目頭距離が37㎜ー3㎜(1.5㎜x2)=34~35㎜程度なり適切なプロポーションに近づきます。

治療は左図の如く、東洋人に特徴的な蒙古ひだ除去しながら、目頭距離の長い症例ですと内側方向に1.5㎜程度切開します。

料金

目頭切開・目尻切開 250,000円

施術時間の目安

施術約20~30分(両目) (ノーダウンタイムの施術です)

組み合わせることで効果が期待できる施術

イラストで見る目頭切開

美しい顔のバランスを考えたとき、左右の目の距離は三等分されます。目の大きさは人によって個人差もありますが、目の幅の距離をはかると平均すると [ 目の幅の距離の平均は、の方が良い ] 約34ミリとされています。従って、目と目の間の距離も34ミリが平均的です。

人はそれぞれ、その距離が短い人もいれば長い人もいます。 しかしこの距離が37ミリ以上の場合、目と目が離れた印象を与えます。ですから、目頭までの距離が37ミリの方がいらした場合は両方の内側をそれぞれ1 . 5ミリづつ中心に向かって切開するとバランスの良い目になります。

東洋人の目頭は目の外側から内側に向かって、ヒダ状の組織が張り出しています。このヒダはいわゆる蒙古ひだと言われるもので、我々日本人にも特徴的に見られるものです。このヒダが張り出していると、上まぶたが瞳にかかって、やや目が小さく見えてしまいます。

西洋人はこのヒダがないため、目が大きく見えるのです。この目の内側にある蒙古ひだを切開することで、本来持っている美しい瞳を最大限に露出させることが出来ます。

目頭切開にはさまざまな方法がありますが、従来までの目頭切開は下図のように Z 切開、 W 切開といった複雑なものが用いられてきました。理論的にこれらの方法は優れたものですが、傷跡に関してやや目立つ傾向にあるのが欠点です。

そこで、当クリニックでは従来までの方法と同様な効果があり、しかも出来るだけ傷跡を残さない、 CUVO オリジナル目頭切開法を用いています。この方法を用いると目の内側に傷跡が隠れるため、傷跡はほぼわからなくなります。

白いドット:目頭をひっぱる前の切開後の位置
黒いドット:目頭切開後の位置

目頭の内側に加える切開は、通常時は白のドット線に示されるように蒙古ひだ中に隠れている。(図-5-1(a
内側を矢印方向に引っぱると黒いドット線で示されるように上まぶたのライン状におさまる。 (図5-1-(b

CUVO オリジナル目頭切開法では、矢印に示された斜線部位は蒙古ひだから成るまぶたの粘膜切開部を示す。(図-5ー2)
CUVO オリジナル目頭切開法では、矢印に示された黒線は目頭切開後の縫合線だが、この縫合線は手術後は目の境界線に位置するため、この方法ではほとんど傷口が目立つことがありません。 (図-5-3)

ケーススタディ

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ