眼瞼下垂症

眼瞼下垂症は上瞼が上がりにくくなり、瞳に被さるような症状を言います。原因は生まれつき(先天性)のもの、加齢現象に伴う瞼のたるみ(後天性)や、ハードコンタクトレンズを長期装用したことによるもの(医原性)などがあります。

症状は図-1の如く、上瞼が瞳孔に少しかかったもの(軽度)、瞳孔の真ん中まで被さったもの(中等度)、そして瞳の上半分を完全に覆うもの(強度)に分類されます。

眼瞼下垂症が起こると視野が狭くなります。眼瞼下垂の方は、視野を広げるのに額の筋肉を使って目を大きく開けようとするため、額にしわが出来たり、肩こりが現れたりします。

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ